最初の錬金術師、ユダヤ人マリアの発明

ユダヤ人のマリアは、ヘブライ人のマリア、預言者のミリアムとも呼ばれ、1世紀から2世紀ごろに生きた錬金術師、発明家である。



ペルシャ錬金術師オスタネス(前3世紀)に学び、アガトダイモンと呼ばれる名前不詳の直弟子を育てた。

彼女は西洋史上初の女性発明家であり、数学者アレクサンドリアのヒパティア(4-5世紀)や医師サレルノのトロトゥーラ(11-12世紀)といった他の偉大な女性科学者の創始者である。彼女は若くして死んだのだろう。おそらく、化学実験の毒性が原因だろう。

アレクサンドリアの化学者パノポリスのゾシムス(3〜4世紀)は、『チェイロクメタ』や『装置と炉について』の中で、マリアの理論や発見の断片を復元することに成功した。


これはマリアの発明した装置、ケロタキスとウォーターバスのように見える


ゾシムスは超越した錬金術師であり、特に古代の科学の賢人たち、その中でも発明家の一人を回復させることにかけては、その才能を発揮した。

彼女は、直接あるいは間接的に彼の師であったことは、ゾシムスの著作にある彼女の教えの説明から明らかである。

その後、彼女の記憶は歴史上の他の人物によって呼び起こされ、こうして時を超えて私たちの手元に残りました。

例えば、ビザンティンの年代記作家ジョージ・シンセラスは、彼女を数学者デモクリトスの師と考え、特権的な立場を与えながらも、古典ギリシャ(前5〜4世紀)に位置づけている。

預言者」という呼称は、ユダヤ人のマリアがモーゼとアロンの妹であるという何世紀も続く伝統と結びついており、実在の女性を古代のアブラハムの神話に転化させているのだ。

この錬金術師は、ユダヤ人のマリアと、彼女が知識を伝える哲学者のアロスとの会話として書かれた作品『マリアとアロスの対話』の作者であるとされている。

このテキストでは、"opus magnum "すなわち偉大な仕事、すなわち哲学者の石を作るための錬金術の道筋を説明している。

後者は卑金属を金に変えることができる奇跡の物質で、錬金術の主目的でもある。マリアは、ベースとなる物質を賢者の石に変換する素早いプロセスを発明したのです。

ニグレド、アルベド、ルベド(最初の物質を黒、白、赤に着色すること)という錬金術の基本3段階を経て、わずか1時間でこの物質を変換することができたのです。

最後の物質である賢者の石は、独特の赤い色をしており、別の種類の金属を金に変えるオーリファイ(祓い)の力を持っていた。

また、この対談では、水銀がすべての元素の構成物質であるにもかかわらず、毒物であると危険性を定義している。

マリアの発明は、混合物の異相を分離するいくつかのプロセスに不可欠なものである。

彼女は、化学的蒸留法である

トリビコス(3本腕のアレンビック)の製造に携わったとされている。

彼女はこの発明を、特に硫黄水を得るために利用した。

ただし、彼女の時代には、硫黄は可燃性の元素に与えられる名称であったことに注意する必要がある。

著者が何を指しているのか、今日の化学の観点から知ることはできない。

処理する元素が何であれ、土器に入れられ、おそらく水と混ぜられ、蒸留によって物質の1つ(この場合は揮発性)が凝縮して液体を得ることができる。

そのため、最終製品は不揮発性の残渣と分離されます。

もし、使用された物質が本当に硫黄であれば、水に不溶であることを指摘する必要があり、純水を得ることができたはずである。

また、マリアが硫酸を作ったという説も否定する必要がある。

硫酸は非常に高い腐食性があり、スチルのチューブの素材である銅を破壊してしまうからだ。こうして得られたのが硫黄水であり、いずれにせよ、ルベドに近づいてオーパス・マグナムの原料となる物質を黄変させる役割を果たすのである。

また、硫黄は象徴的な意味合いも持っています。

男性性と可燃性を連想させ、パラケルスス錬金術(16世紀)では、女性性と流動性を持つ水銀、中性元素で前二者の安定剤である塩とともに、三原則のひとつとされるようになった。

マリアに起因するもう一つの基本的な創造物は、ケロタキスである。

これは還流による昇華装置で、ユダヤ人マリアは、それまで粒子に還元されていた卑金属のうち、金を除くすべての金属に作用させることができた。

水銀、硫黄、そしておそらくアガトダイモンが主張したように砒素を使用し、熱の作用で昇華させ、固体から気体に瞬時に変化させたからだ。

このプロセスで得られる蒸気は、卑金属の染色に使用された。硫黄の場合、その腐食作用で発明の上部の金属が攻撃されるのである。

こうして、メリーズブラックと呼ばれる色を得ることができた。


硫黄の蒸気が金属に作用した後、この特殊な染色を行うことで、オーパスマグナム中のニグレドを得ることができるのである。

ヒ素は、その蒸気が銅に影響を与えると、錬金術的なアルベドを実現する物質です。

最後に、ルベドを得るためには、水銀を使う必要がある。得られた硫化物は、母材を赤く着色するからだ。

ケロタキスは、もっとシンプルな「バン・マリー」というアイデアも持っていた。

間接的かつ規制された方法で材料を加熱することである。

バンマリーの実際のアイデアは多くの例で見ることができる。

これは瓶に入った牛乳を鍋で温めるケースである。

この容器に水を注ぎ、火で温め始める。

牛乳は2つの容器で二重に守られているので、温度調節がしやすく、熱も直接物質に影響しません。

ユダヤ人メアリーは中世を生き抜いただけでなく、その天才は現代にも生きている。

実は彼女、シュールレアリスムの画家レオノーラ・キャリントン(1917-2011)の作品『ユダヤ人マリアのクリソペア』にインスピレーションを与えた発明家なのだ。

この作品では、錬金術が魔法や他の生き物に変身する能力と結びついていることから、マリアは獣型的な側面(動物に変身する)を持ち、ハイブリッド化についても考察している。

錬金術師の絶対的な成功を決める究極の黄金であるクリソペア、すなわち賢者の石を手にする姿が描かれている。

この作品は、キャリントンが錬金術の世界に興味を持っていたことを示すもので、彼女の仲間であるシュルレアリスムの画家で政治亡命者のレメディオス・ヴァロ(1908-1963)と同じように興味を持ったものです。

しかし、それは同時に、女性の起源を探し、その歴史を研究し、女性が文化の進歩に寄与したすべての貢献(この場合は科学への貢献)を人類のために発見する必要性を明らかにするものでもある。

https://principia.io/2018/04/05/maria-la-judia-primera-mujer-inventora-y-su-relacion-con-la-alquimia.Ijc0OSI/



ヘブライ人マリアは、1世紀から2世紀にかけてエジプトのアレクサンドリアに住んでいた預言者ミリアンとして知られており、歴史上最初の錬金術師と考えられている。

彼女によるとされる著作はいくつかあるが、その多くは失われ、アレクサンドリア図書館の第二次火災で焼失したものが多く、そのうちのひとつに「マリアとアロスの対話」という題のものがある。

錬金術師イメージ


まだ科学とは呼べない人類の知識の体系化の黎明期に、たゆまぬ努力と創造力を備えたヘブライ人マリアは、化学物質を蒸留・昇華するさまざまな装置を発明した。

トリビコス(tribikos)と呼ばれる3本腕のアレンビック・スチルや、ケロタキス(kerotakis)と呼ばれる物質を加熱してその蒸気を集めるためのものなどである。

マリアは理論家よりも経験主義者で、実用科学のパイオニアであり、実験室や家庭での貢献として有名な「パン・マリー」がある。

元々は砂と灰の風呂だったが、水を入れた容器を温め、その水がやがて第三の容器を温めるようになった。

マリアは錬金術師として、金属は女と男の生き物であり、実験室の産物は二人の性的結合の結果であると信じていた。

男性的なものと女性的なものを統合すれば、求めるものが見つかる」といった定型文や、「一はすべてであり、すべては一である」といった錬金術師らしい謎めいたアフォリズムを掲げていたのである。

ヘブライ人マリアについて歴史が語る信頼できる情報はほとんどありませんが、私たちは彼女が羊皮紙や容器に囲まれた質素な実験室で、液体を混ぜ、装置を設計し、反応を観察し、数式を書きとめ、メモを取り、物質の本質を精査している姿を想像したくなります。

つまり、西洋の錬金術の理論と実践の基礎を築いた女性であり、まさに化学科学の先駆者であった。

http://herodotohistoriant.blogspot.com/2016/01/maria-la-hebrea-precursora-de-la.html


以下、wikiです。トリビコス、ケロタキスの詳しい説明あり。

ユダヤ人のマリアは、ヘブライ人のマリア、あるいは預言者のミリアムとも呼ばれ、最初の女性錬金術師であった。

紀元1世紀から3世紀にかけて、アレクサンドリアに住んでいた。彼女は「錬金術創始者」とされ、実学に大きく貢献した。

古代の高僧やイニシエーターと同様、ユダヤ人マリアの正体もいくぶん不明瞭である。

マグダラのマリアと関連付ける人もいた。

過去の錬金術師たちは、彼女をモーゼと預言者アロンの妹であるミリアムだと信じていたが、この主張を裏付ける証拠は乏しい。

アレクサンドリア錬金術師ゾシムスは、紀元4世紀、多くの先達の教えをまとめ、ヘルメス芸術の百科全書となった。

錬金術イメージ


その中で、マリアはほとんど過去形で引用され、「古代の賢者」の一人として言及され、またマリアの実験や器具についていくつか記述されているのである。

8世紀のビザンティンの年代記作家George Syncellusは、ペリクレスの時代にメンフィス(エジプト)で出会ったデモクリトスの師匠としてマリアを紹介する。

アラブの百科全書家アル・ナディームは、西暦879年の目録で、最も有名な52人の錬金術師の中に彼女を挙げており、頭部または死柄瘡の調合に関する知識を有していることを挙げている。

ローマの哲学者モリエヌスは彼女を「預言者マリア」と呼び、アラブ人は彼女を「プラトンの娘」と呼んでいたが、西洋の錬金術の教科書では白い硫黄に付けられた名前である。

マリアはこのように、自分が扱う物質と同一視しているのです。

マリアは錬金術についていくつかの文章を書いたことが知られているが、いずれも原本は残っていない。

しかし、彼女の教えは後のヘルメス主義者によって広く引用されている。

彼女の主な著作は「マリアとアロスの対話」とも呼ばれる「匿名のキリスト教哲学者による抄録」で、この中で後に錬金術の基礎となる操作が記述され、名前が付けられている。

ロイコシス(漂白)とキサントシス(黄変)、一方はトリチュレーション、もう一方はカルシネーションで行われました。

この作品は、海塩の酸と、酢酸と同定できる別のオキシ(酸)について、初めて記述したものである。

また、マンドレイクなどの植物の根からなど、金を作るためのレシピもいくつか紹介されている。

マリアは、化学物質の蒸留や昇華のための複雑な装置や、有名な「バンマリー」を発明し、実験者として尊敬を集めていた。


⚫︎トリビコス

トリビコスは、蒸留によって精製された物質を得るための3本腕のアレンビックスチルの一種である。

蒸留器は、液体を入れる土器、蒸気を凝縮させるためのマンテラ(「アンビックス」または「アレンビック」)、そこから出る3本の銅製の蛇口、液体を受けるガラス製のフラスコから構成されていた。マンテラの内側にあるドリッパー(縁)が蒸留液を集め、栓に運ぶ。

これを発明したのがユダヤ人のマリアかどうかは正確にはわからないが、この蒸留器の最初の記述は彼女によるもので、この記述はゾシモの文章に現れていることから、彼女のものとされる。

トリビコスを説明しよう。それは、アートの発信者であるメアリーが説明した銅製の装置の名前だからだ。

その内容は以下の通りです。「銅鍋より少し太い延性銅の筒を3本作り、長さは1.5メートルくらいにする。このような筒を3つ作り、さらに手のひらほどの幅があり、開口部がアレンビックのヘッドと同じ大きさの筒も作る。

3本の筒は、その開口部を軽便な容器の頸部に指の爪の形に合わせ、親指の筒と、2本の指の筒をそれぞれの手の中で横方向に結合させるようにする。

この筒の底に3つの穴があり、それを溶接して固定し、上の筒は別の方法で蒸気を受ける。そして、硫黄の入った土鍋の上にアレンビックの頭を置き、その接合部を小麦粉のペーストで覆い、管の端にガラス瓶を置き、中央の水から来る熱で割れないように広く、丈夫にする」


⚫︎ケロタキス

ケロタキスとは、錬金術に使う物質を加熱し、その蒸気を回収するための還流装置で、ユダヤ人マリアの発明の中で最も重要なものである。気密性の高い容器で、上部から銅箔が吊り下げられている。装置が正常に機能するためには、すべての接合部が真空に保たれていなければならない。このような容器を密閉術に使用したことから、「密閉」という表現が生まれました。

マリアは、ヒ素、水銀、硫黄の蒸気が金属に及ぼす影響、金属を軟化させ、色を染み込ませることを研究しました。

ケロタキスとは、画家が蝋と顔料を混ぜたものを温めておくために使った三角形のパレットのことである。

マリアは同じパレットを使って、金属を柔らかくし、色を染み込ませています。

ケロタキスとは、球体や円筒に半球状の蓋をして火にかける還流装置全体の名前になった。

硫黄、水銀、硫化ヒ素の水溶液を底に近い容器に入れて加熱した。円筒の上部近くには、処理する銅鉛合金(あるいは他の金属)を入れたパレットが、カバーから吊り下げられていた。

硫黄や水銀が沸騰すると、蒸気はシリンダーの上部で凝縮し、液体は下に落ち、連続的に還流が起こるのだ。

硫黄の蒸気や凝縮物が金属合金を攻撃し、黒い硫化物(「メリーズブラック」)を生成し、これが変成の第一段階を表すと考えられていた。不純物はふるいにかけられ、残渣(黒い硫化物)は底に戻された。長時間加熱すると、使用した金属と水銀や硫黄の化合物の生成物によって、金のような合金ができたのである。ケロタキスは、バラの精油など植物油の抽出にも使われた。

ユダヤ人のマリアたちは、ケロタキスの中で起こっている反応は、地底で金が生成される過程を神秘的に再現したものだと考えていた。

硫化ヒ素を主成分とする橙赤色の鉱物で、金鉱でよく産出されるもので、彼らのお気に入りの焼成物であった。

その後、ドイツ人のフランツ・フォン・ソックスレーがこの器具を改良し、1879年に自分の名前を冠した抽出器「ソックスレー抽出器」を作り出した。

⚫︎ウォーターバス

ウォーターバスは、現在、化学や薬学の研究室業務、工業や家庭のプロセスで使用されている最も古い初歩的な技術の一つである。

沸騰したお湯の入った大きな容器に容器を導入するもので、材料を間接的かつ均一に加熱する場合に使用される。

例えば、揮発性物質や芳香物質の蒸留、抽出物の蒸発などに使用される。

これもマリアの発明品で、お風呂のようなものです。

バンマリーの原型は、砂と灰を入れた水槽で、その水槽を温め、さらに次の水槽を温めるというものであった。

砂風呂は、沸騰したお湯よりも温度が高くてもよいので、本来伝えるべき熱をよりよく保存するためである。

その後、この装置から砂を取り除き、水の入った容器だけを残す。

この容器が沸騰すれば、その蒸気が中のもう一つの容器を温めることができるようになる。

研究者は、バン・マリーの由来も名前も、ユダヤ人マリアに由来するとしている。

14世紀にArnaldo de Vilanova(アルナルド・デ・ヴィラノヴァ)が提唱した言葉である。

⚫︎ブラックマリア

マリアブラックは、絵具の顔料として使われる物質で、硫化鉛と銅の化合物である。

その製造には、彼女が作った装置、ケロタキスを使用した。

https://es.wikipedia.org/wiki/Mar%C3%ADa_la_Jud%C3%ADa


いくつかの画像出典

https://escuelasolve.com/maria-la-judia/





フランス、ポルトガル、イギリスのテンプル騎士団ゆかりの地を旅する

テンプル騎士団の秘密基地

By Addison Nugent

2019年7月25日

パリのシックな街並みの石畳の下には、謎に包まれたテンプル騎士団の最強の拠点が残されているのです。

その日、私はパリで最もシックな地区、マレ地区にあるカフェ・シャルロのテラスにいた。アペロール・スプリッツを飲みながら、パリのきらびやかなパレードが目の前を颯爽と通り過ぎていくのを見ていました。

この時期、パリは冬の終わりを祝うのが大好きだ。そして、このリヴドロワット地区の歓楽街ほど、パリジャンの生きる喜びを強く感じられる場所はない。

しかし、その日、私が興味を持ったのは、マレ地区の表面から滑走路に変わったところではなく、デザイナーを身にまとった足元にあるものだった。

なぜなら、この地区の石畳の道の下には、不釣り合いにも、謎のテンプル騎士団の最強の砦の残骸があるからだ。


インディ・ジョーンズ』から『ダ・ヴィンチ・コード』まで、テンプル騎士団の伝説的人物は、現代の想像力の中に大きく浮かび上がっている。しかし、この伝説の裏には、数世紀、数大陸に渡る壮大な物語がある。

その物語の終着点はパリで、そこにはテンプル騎士団の晩年の痕跡を見ることができる。そして、私はその痕跡を探すために、あの美しい春の日にマレ地区にいたのである。

パリのマレ地区の路地の下には、失われたテンプル騎士団の要塞の名残がある(出典:Eric James/Alamy)


テンプル騎士団の物語は、1099年、ヨーロッパのカトリック軍が第一次十字軍でイスラムの支配からエルサレムを占領したときに始まった。

その結果、ヨーロッパの巡礼者たちが聖地に殺到したが、旅の途中でイスラム教徒の支配地域を通過する際に強盗に遭い、命を落とす者も少なくなかった。

1118年、フランスの騎士ユーグ・ド・パイヤンスは、8人の兵士からなる「ソロモン神殿キリスト貧民騎士団」(後に「テンプル騎士団」と呼ばれる)を創設し、この騎士団に対抗するための活動を開始した。

この騎士団は、エルサレムの聖なる神殿の山に本部を置き、エルサレムを訪れるすべてのキリスト教の巡礼者を守ることを誓った。

巡礼者たちは、テンプル騎士団を保護する代わりに、テンプル騎士団に富をもたらした。

1139年、テンプル騎士団の権力は飛躍的に増大し、エルサレムを越えて広がっていった。

教皇イノセント2世が教皇勅書を発布し、世界のどこにいても税金や什分の一の支払いを免除し、聖地を旅する巡礼者から受け取ったすべての贈り物を保持することを含む特別保護を騎士団に与えたからである。

同年、ルイ7世はパリ城壁の北東端にある領地をテンプル騎士団に寄贈し、騎士団はここに定住した。

テンプル騎士団は、ヨーロッパ各地に会員や支部を持つ非排他的組織であるが、フランス人創設者によるフランスの組織であった。

さらに、テンプル騎士団の歴史上、グランドマスターや最高指導者のほとんどがフランス人であり、フランスはヨーロッパにおけるテンプル騎士団の権力の中心地であった。

テンプル騎士団の伝説的な人物は、現代の想像力の中で大きな存在となっている(出典:DeAgostini/Getty Images)

「パリはその地名に彼らの記憶を残している。テンプル広場、テンプル大通り、テンプル通り、ヴィエイユ・デュ・テンプル通り、フォンテーヌ・デュ・テンプル通り、カロー・デュ・テンプル...」

パリのテンプル騎士団ツアーの主催者で『テンプル騎士団 for Dummies』の著者ティエリー・ド・エスピリート氏はそう語っている。

元の領地は長い間、歴史の流れに屈していましたが、オテル・ド・ビルのすぐ後ろにあるロバウ通りに、かつてその領地があった場所を見学することができます。

その昔、邸宅の周りには何キロもの未開拓の湿地が広がっていた。

テンプル騎士団は、この土地を耕すために湿地の乾燥に着手し、1240年頃にはその成果を十分に発揮することができた。

しかし、湿地帯が消えて久しいにもかかわらず、この地域は今でも「ル・マレ」または「マーシュ」と呼ばれている。

テンプル騎士団は、古代のセーヌ川の支流に残された湿地を乾燥させ、「湿地」を意味するル・マレを作った(出典:edpics/Alamy)。

広大な緑の芝生に木々が影を落とし、人間観察以上に愛されているパリの娯楽、昼下がりのアペリティフに最適な場所である。

こののどかな公園は、テンプル騎士団のヨーロッパ本部跡であるテンプル邸の上にある。

パリはその記憶をトポニーミーに残している。

この巨大な要塞は、かつて塔、跳ね橋、ゴシック様式の教会、広大な厩舎、騎士の住居などを備えていました。

テンプル騎士団はここで大量の財宝を守り、フランス国王から完全に独立した強力な「国家の中の国家」を作り上げたのである。

しかし、1303年、エルサレムイスラム軍に奪還され、テンプル騎士団は活動の拠点を神殿山からヨーロッパの本部(enclos du Temple)に移さざるを得なくなり、すべてが変わってしまった。

当時のフランス国王フィリップ1世は、テンプル騎士団の強大な「国家内国家」を深く恨み、いかなる手段を使ってでも騎士団を崩壊させようと決意した。

フィリップ王がテンプル騎士団を破壊した理由は今日まで推測されているが、多くの学者は彼の動機が金銭的なものであったと考えている。フィリップは、パリにあるテンプル騎士団の宝物庫から手に入れた銀貨を使って、ひどく劣化したフランスの貨幣の質を向上させることができました」と、『テンプル騎士団』の著者であるヘレン・ニコルソン博士は説明している。

テンプル騎士団:新しい歴史』の著者で、カーディフ大学の中世史の教授であるヘレン・ニコルソン博士は、こう説明した。

実は、フィリップは王として、その理由を説明する必要がなかったのだ。 1307年10月13日、彼はテンプル騎士団の最高権威者であり、最も強力なメンバーであるジャック・ド・モレイ大師を含む数十人のテンプル騎士団員を、悪魔崇拝、冒涜、偶像崇拝、同性愛などの罪で逮捕させたのである。

この最後の罪は、今日マレ地区がLGBTQ+の地区として有名であることから、不思議な詩的な意味をもっている。

マレ地区はかつてテンプル騎士団のヨーロッパ本部が置かれ、テンプル砦と呼ばれる巨大な要塞があった(Credit: The Print Collector/Alamy)


騒々しいレピュブリック広場からすぐのこの小さなオアシスが、ストイックな戦士の騎士で埋め尽くされていた時代を想像するのは難しい。

しかし、場所さえ分かれば、この地区の至る所で、騎士たちの幽霊のような痕跡を見ることができるのです。テンプル通りの158番地は、かつて囲いの大入口があった場所です。

また、ピカルディ通りの32番地(現在はシックなレストランバー「レ・シュエット」)の地下には、角塔の残骸が残っているという噂があります。

真のテンプル騎士団ファンは、パリ郊外のヴァンセンヌ城に足を運び、テンプル囲いのグロス・トゥール(大塔)の重い門を保管することができます。

テンプル広場に隣接して、カロー・デュ・テンプルと呼ばれる囲いのある市場がある。2007年、この建物の改修工事中に、テンプル騎士団の墓地跡が発掘され、フランスで死んだ騎士の骸骨も一緒に発掘された。

現在のテンプル広場は、囲いの跡の上にある(Credit: Peter Forsberg/Alamy)


そのテンプル広場の向かいに、赤い旗に白い十字架をあしらった教会があり、テンプル騎士団の紋章である白地に赤い十字架を連想させる。この教会は「サント・エリザベス・デ・オングリ」といい、旗はテンプル騎士団と並ぶ騎士団であるマルタ騎士団(正式にはロードス島マルタ島聖ヨハネ騎士団)を示していることが、当直の司祭から判明したのだ。

そこで、神父にテンプル廟のことを尋ねると、すぐに鍵のかかった事務所に手招きされ、そこには廟のミニチュア模型が置いてあったのには驚いた。

テンプル騎士団の進取の気性に反対するホスピタラー騎士団とテンプル騎士団は一時期憎しみ合っていたが、騎士団解散後、多くのテンプル騎士団員がホスピタラー騎士団に移籍し、事実上の合併が行われたことが判明した。

教皇クレメンス5世は、テンプル騎士団の逮捕と没落の後、ホスピタラー騎士団にテンプル砦の管理権をも与えた。

司祭の案内で、教会内のあちこちに、この堂々たるエンクロスの建造物を描いた絵がある。その絵を見ていると、まるで別の時代、別のパリに来たような気がしてくる。

テンプル騎士団の物語は、最後の大師ジャック・ド・モレイが火あぶりにされたヴェール・ガラン広場で終わる(Credit: Marshall Ikonography/Alamy)

教会の華麗な扉を出て、私はマレ地区の奥へと向かった。レアムール通りを歩いていると、工学と科学の博物館であるMusée des Arts et Métiersを通り過ぎ、
かつてSaint-Martin-des-Champs Prioryがあり、Do Espiritoによると、投獄されたテンプル騎士団の一部が収容されていたとのこと。
セーヌ川沿いのシテ島、マレ地区に面した緑豊かな小さな一角、ヴェール・ガラン広場である。
タンプル広場と同じように、パリジャンや観光客がピクニックに訪れるのどかな場所である。今でこそルノワールの絵のような光景だが、1314年3月18日には、まるでホラー映画のワンシーンのような光景が広がっていた。なぜなら、この日、ド・モレイは7年間の幽閉の後、生きたまま火あぶりにされたからである。

パリ市内、特にマレ地区にはテンプル騎士団の面影が残っている(出典:Hemis/Alamy)。

公園の入り口にある小さなプレートには、「この場所で、テンプル騎士団最後のグランドマスター、ジャック・ド・モレイが焼かれた」と記されている。
ド・モレイは死ぬ間際に、教皇クレメンス5世とフィリップ公正王、そしてそのすべての子孫を呪ったと言われている。
彼は、1年以内にフィリップもクレメンスも死に、王の血統はもはやフランスを支配しなくなると宣言した。

実際、その年に二人は死に、その後14年の間にフィリップ王の後継者はすべて死に、3世紀にわたってフランスを支配してきた血統は事実上途絶えた。

ド・モレイが本当に王と教皇クレメンス5世を呪ったのかどうかはわからない。




イザベラ・カルドーゾ&フェルナンド・テイシェイラ
2020年9月19日
ユネスコ世界遺産に登録されたテンプル騎士団の城のすぐ近くにあるこの小さな教会は、神秘的な騎士団の隠れ家として、見過ごされているだけで世界で最も重要なもののひとつかもしれません。

約900年もの間、丘の上にあるキリスト修道院の尖塔と城壁は、ポルトガル中部の静かな町トマールを見守ってきました。
1160年にローマ教皇に仕えた謎のカトリックテンプル騎士団の本部として建てられたこの広大なユネスコ登録のロマネスク、ゴシック、バロック様式の要塞は、400年間ポルトガルにおけるテンプル騎士団の権力の中心地としてふさわしい役割を果たしました。

しかし、修道院の高い城壁から見下ろし、城壁の外、ナバン川の向こう側にある小さな教会を探せば、世界で最も重要なテンプル騎士団の遺跡のひとつであり、見落とされているかもしれないサンタ・マリア・ド・オリヴァル教会を見つけることができるのです。

この小さな教会は、テンプル騎士団の「バチカン」だったのだろうか?
城よりも先に、十字軍兵士でテンプル騎士のグアルディム・パイスの命により、テンプル騎士団の聖なるパンテオンとして建てられた、めったに訪れることのできないゴシック様式の教会です。
この教会は、何世紀にもわたってテンプル騎士団の地下儀式を行う重要な場所となっただけでなく、パイスを含むポルトガルの最も有名な騎士団の遺骨も所蔵しています。
トマールは、15世紀にヘンリー航海長(有名な騎士)が率いたポルトガルの海洋進出のきっかけとなったため、この地味な石造りの教会は、海外に建てられたすべてのポルトガル教会の精神の中心となり、これをテンプル騎士団の「バチカン」と呼ぶ人もいるほどである。

今日、正面玄関の上にある五芒星から、教会自体が地下に建てられていることまで、このポルトガルの国定史跡にはテンプル騎士団の象徴が残されている。

また、丘の上の城と約1.5km離れた教会を結ぶ、迷路のようなトンネルも噂されている。これらの地下トンネルは、1190年にムーア人の包囲を逃れた地元のテンプル騎士団を助けたこともある。
現在でも、丘の上の城を囲む森の中には、パイスと騎士団が侵略者から逃れるために使った秘密の部屋の数々が残されています。



テンプル騎士団の神話に彩られた謎の逆さ塔

フェルナンド・テイシェイラ&イザベラ・カルドーサ著
2020年2月22日
シントラのキンタ・ダ・レガレイラの中心には、神秘的なテンプル騎士団ポルトガル独自の歴史的なつながりを称える、息を呑むようなイニシエーションの井戸があります。

ポルトガル、シントラの手入れの行き届いた庭園と丘の上のヴィラの近くに、おとぎ話に出てくるようなキンタ・ダ・レガレイラの地所があります。
ユネスコ世界遺産に登録されたキンタ・ダ・レガレイラは、ゴシック、エジプト、ムーア、ルネッサンスの建築様式が混在する、絵葉書のような美しい場所です。
しかし、この宮殿の庭園の地下にあるものが、この地所の設計を際立たせているのです。
イニシエーション・ウェルズと呼ばれる一対の井戸は、地中深く、まるで逆さの塔のように螺旋状に下っています。
この井戸は、決して水を汲むために使われたわけではありません。その代わり、テンプル騎士団の伝統の中で、神秘的な入門儀式の一部だったのです。

シントラの神秘的な「逆さの塔」
キンタ・ダ・レガレイラは何十年にもわたり多くの所有者を得てきましたが、20世紀初頭、ポルトガルで最も裕福な人物の一人であったアントニオ・アウグスト・カルヴァーロ・モンテイロが、この地所を今日の姿に作り上げました。
カルヴァーリョモンテイロは、12世紀初頭にルーツを持つカトリックの軍事教団「テンプル騎士団」に深い関心を持ち、その入信者であった可能性が高い。
テンプル騎士団は700年前に解散したとされているが、フリーメイソンのように、数世紀後に中世の儀式や伝統を復活させた集団もある。
カルヴァーリョモンテイロは、1904年から1910年にかけて、建築家兼セットデザイナーのルイジ・マニーニとともに、異教とキリスト教の象徴にあふれた建物を創り上げた。
マニーニが設計した広大な庭園にある井戸は、テンプル騎士団の入団儀式の出発点として使用された。

キンタ・ダ・レガレイラでのテンプル騎士団の入会式は、候補者が目隠しをして入会井戸の1つに入ることから始まると考えられています。剣を心臓に近づけ、9段の階段を下ります。
これは、テンプル騎士団の9人の創設者を表す数字です。
井戸の底に到達すると、候補者は暗い迷宮に入り、そこで象徴的に、文字通り光に向かって自分の道を見つけることになる。
井戸の塔を抜けて陽の光の中に戻ることができれば、入門者は水の中の石の上を歩いて礼拝堂にたどり着き、そこで兄弟団に迎え入れられるのである。

キンタ・ダ・レガレイラでテンプル騎士団の儀式が行われることはもうありませんが、訪問者は過去の候補者の足跡をたどり、このポルトガルの隠された神話と歴史の頌歌を直接体験することができるのです。


テンプル騎士団の知られざる世界

By Amanda Ruggeri
2016年5月14日(木
ロンドンのフリート・ストリートの裏手にある、パッチワークのような庭園と優美な建物が、十字軍の最も有名な騎士の物語を物語っています。

平日のラッシュアワー、私はロンドン中心部の最も有名な大通りの一つであるストランドを歩いていました。観光客、学生、弁護士でごった返す通り。2階建てのバスがガタゴトと音を立てる。自転車が汗を流している。黒塗りのタクシーはハンドルを切る。

ロンドンのフリート・ストリートにある小さな石のアーチの向こうには、隠された世界が広がっている(Credit: Amanda Ruggeri)
ストランドがフリート・ストリートに変わるすぐ東側、19世紀に建てられた法律関係の書店「ワイルディ・アンド・サンズ」の先に、小さな石のアーチが建っていた。
その上に建つジャコビアン様式の木造タウンハウスという堂々たる建築物に比べれば、ほとんど目立ちません。私は、そのアーチをくぐった。

優雅なゴシック様式とヴィクトリア様式の建物に見下ろされ、庭や小さな中庭に囲まれた、美しい、緑豊かな、静かな世界であった。

中庭や庭園がパッチワークのように並ぶテンプル地区(Credit: Amanda Ruggeri)

セント・ポール大聖堂やトラファルガー・スクエアに比べ、このテンプル地区は観光客にあまり知られていない。この地域全体がかつてテンプル騎士団の拠点であったからだ。

十字軍で活躍し、中世で最も強力で裕福な宗教団体として知られるこの騎士団は、1185年頃から1312年の解散までここに住み、祈り、働いていました。

彼らは、修道院の寮、部屋、2つのダイニングホール(現在はミドルテンプルホールとインナーテンプルホールとして知られていますが、これらは長年にわたって何度も再建されています)、そして最も有名なのは、テンプル教会を建設しました。

テンプル教会の中庭から、当時の入り口を見る。

テンプル教会の牧師であり、テンプル騎士団の歴史家でもあるロビン・グリフィス=ジョーンズ氏は、「彼らはここに住んでいたのです」と言う。
テンプル教会の牧師であり、テンプル騎士団の歴史家でもあるロビン・グリフィス=ジョーンズは言う「この地域がいかに歴史的で伝統的であるかを示すために、彼の正式な肩書はテンプル教会牧師兼勇士である。」
テンプル騎士団のホールは、今のインナーテンプルホールで、あそこです。そして、神父の家は私の家のあるところでした」。

門をくぐると、現在ロビン・グリフィス=ジョーンズ(Robin Griffith-Jones)と呼ばれる「神殿の主」のプライベートガーデンや邸宅が覗ける(出典:Amanda Ruggeri)

1120年、キリスト教騎士団は第一次十字軍でエルサレムを占領した。しかし、聖地は安全でも、そこへ向かう巡礼路はそうではなかった。旅人は日常的に襲われ、強盗に襲われ、殺されることさえあった。

一握りの騎士たちは修道院の誓いを立て、巡礼者たちとそのルートを守ることに専念した。その見返りとして、エルサレム国王は彼らに神殿の山に本部を置いた。テンプル騎士団は誕生し、その勇気はすぐに世界的に知られるようになった。

「彼らは非常に規律正しい戦闘部隊であり、また非常に自己犠牲的であった。戦場で災難に見舞われると、彼らは壊滅的な打撃を受ける。
逃げもしない。逃げもせず、ただ殺されるだけだった」とグリフィスジョーンズは言う。

また、彼らは非常に裕福になった。土地や資産を持つだけでなく、什分の一を支払う必要がなかった。今日でいうところの小切手も初めて発行した。巡礼者が家を出るとき、テンプル騎士団に聖地で必要なお金を渡し、その見返りとして約束手形をもらい、到着したらその金額を回収することができたのである。1191年、彼らはキプロス島を購入するほどの富を築いた。

テンプル教会の円形の西側身廊は、今日英国に残る4つの円形教会の一つである(Credit: Amanda Ruggeri)

12世紀半ば、ロンドン支部にもっと大きな本部が必要になったのは、驚くにはあたらない。1185年、彼らはテンプル教会を建設した。
今日、テンプル教会は、特に近くのセント・ポール寺院やウェストミンスター寺院と比較すると、それほど壮大なものには見えません。
周囲の建物はテンプル教会を矮小化し、そのドームは少し離れただけでは見えない。最初に建てられた西側の円形の身廊は、直径がわずか17mしかありません。精巧な金箔や側廊、モザイクや絵画もない。

テンプル教会のオリジナルの石造りの入り口をのぞく(Credit: Amanda Ruggeri)

しかし、エルサレムの聖墳墓を模した円形の教会(イギリスには他に3つしかない)であるテンプル教会は、その中でも最も偉大な主張を持っていた。
中世の人々にとって、ここを歩くことは、実際にエルサレムへ行くために危険な巡礼をしなくても、最も近いところに行けるということだったのだ。

12世紀に建てられた身廊のような丸い空間は、自然と視線を上に集める(Credit: Amanda Ruggeri)。

内部には、要塞のような壁、小さな窓、重く尖ったアーチなど、初期ゴシック様式の特徴を備えた丸い身廊があります。イングランドマグナ・カルタを作ったペンブローク家のウィリアム・マーシャルを含む数人の騎士の肖像画が、石の中で剣を握って横たわっています。

65年後に建てられた「新しい」聖堂は、教会を東に拡張し、今度は完全に花開いたゴシック様式の特徴である細く優雅な柱、大きく広がるアーチ、内部に光が降り注ぐ大きな窓を備えています。

テンプル騎士団の時代には、塗装された壁や金属でできた天井が、ろうそくの光で輝いていたことだろう。床はタイル張りだった。柱には旗が下がっていただろう。そして、今はほとんど無地の窓は、ステンドグラスでできていたかもしれない。

丸い身廊から65年後に建てられた「新しい」聖堂は、たくさんの光を含む総花的なゴシック様式の特徴をすべて備えている(Credit: Amanda Ruggeri)。

この光あふれる美しい空間で、英国テンプル騎士団は集会を開き、礼拝を行ったのである。また、テンプル騎士団に入団するのもこの場所であった。
1307年、フィリップ4世がフランスのテンプル騎士団の逮捕を命じた際の告発によると、入団儀式には十字架に唾を吐き、キリストを否定し、口、ヘソ、背骨の付け根に互いにキスをすることなどが含まれていたそうです。

この時点で、騎士団は十字軍として必要とされなくなっていた。1291年、現在のイスラエルにあるアクレという軍事拠点が陥落してしまったのだ。
騎士たちはまだ小規模の襲撃を続けていたが、十字軍は事実上終わり、教会にとっても良い終わり方ではなかった。

テンプル騎士団は軍事的な目的を持たなくなっただけでなく、その富によって、フィリップ4世をはじめとする有力者たちの敵となる可能性があった。

テンプル騎士団の入団儀式が悪魔崇拝にあたるという告発は、すぐに起こった。1307年10月13日、数人の騎士が逮捕され、自白しない騎士は火あぶりにされた。残りは散り散りになった。1312年、騎士団は解散した。

テンプル騎士団の土地は、最終的にここに示すミドルテンプルと、インナーテンプルに渡った(出典:Amanda Ruggeri)。

テンプルにあった土地は、同じく軍事宗教団体であるホスピタラー騎士団に渡った。この騎士団は1346年にこの土地を弁護士に貸与した。今日、テンプル地区はイングランドの法廷弁護士にとってよく知られた場所であり、法廷弁護士は開業するためにロンドンの4つのインス・オブ・コート(中世の法曹協会)のいずれかに所属する必要がある。
インナーテンプルとミドルテンプルの2つのインオブコートは、ここを拠点としている。

インナーテンプルには、15世紀の暖炉を備えた中世の広間の一部が残っています。ミドルテンプルのホールは、ハンマービーム天井と豊かな油絵で、1562年にエリザベス女王の下で建設された当時の姿をほぼそのまま残しています。

ミドルテンプルのホールは、16世紀に建設された当時とほぼ同じ姿をしています(Credit: Amanda Ruggeri)。

しかし現在では、ロンドンの法廷弁護士たちが、法廷で着用する硬い馬毛のかつらを運ぶために好んで使う、小さなスーツケースを転がして中庭を歩く姿を目にすることができるのです。
また、ランチタイムに見学することもできますし、事前にインナーテンプルのツアーを予約しておくとよりよいでしょう。
13年前までは、この地区にはほとんど観光客は来なかった。「典型的な隠れた名所でした」とグリフィス=ジョーンズは言う。
「フリート・ストリートから入るとすぐに秘密の花園に入るような感じです。まるで、フリート・ストリートから入ってきた秘密の花園にいるような感じです。そして、ロンドンの住民、ここで働く人々、ここを訪れる人々の中で、この場所を知っている人があまりに少ないことが、私たちにとって残念なことでした。」

13年前まで、ロンドンのテンプル地区を知る旅行者はほとんどいなかった(Credit: Amanda Ruggeri)。

しかし、その後、ある小説が出版された。
「2003年のある月曜日の朝、ドアの前に若いアメリカ人の列ができていました」とグリフィス=ジョーンズは言う。
"調教師がドアを開けると、彼らは彼に "この本を読んだか?"と尋ねた。もちろん、牧師は彼らが聖書のことを話していると思ったんだ。

そうではなく、ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』について話していたのです。この本は21世紀を代表する小説になったが、その主要なシーンの一つがテンプル教会を舞台にしていた。

ダ・ヴィンチ・コード」の直後に人気がピークに達したテンプル教会は、現在は再び平和な姿に(出典:Amanda Ruggeri)。

ブームの頃は、1日に500人ほどが訪れたという。
しかし、そんな時代も終わったようだ。私が行ったときには、2組の家族と1組のカップルが空間を彷徨っていただけでした。

現在、テンプル教会、そしてテンプルは、ロンドンの中心部にある、静謐で秘密めいた世界のような感覚を取り戻している。
そしてそれは、多くの意味で、あるべき姿だと感じています。

訂正:本記事の以前のバージョンでは、アクレが現代のシリアに位置すると誤って記載しておりました。レバノンとシリアの国境に近いイスラエルにあります。修正しました。


出典:BBCトラベル

ポルトガルのキンタ・ダ・レガレイラの謎と魔法(イニシエーションをよく説明する!)

シントラは私たちのお気に入りの場所の一つで、キンタ・ダ・レガレイラはシントラで一番のお薦めです。

この小さな楽園には、ミステリー、自然、建築、そしてアフタヌーンティーなど、あらゆるものが揃っています。

このエキセントリックなバケットリストスポットの詳細と、訪問のヒントについては、こちらをお読みください。


〔キンタ・ダ・レガレイラの神秘的な井戸〕

キンタ・ダ・レガレイラの「イニシエーション・ウェル」(poço iniciático)はあまりにも有名で、

時々、井戸そのものを「キンタ・ダ・レガレイラ」と呼ぶ人がいますが、同じ場所にゴシック様式の邸宅と巨大な地所があることには気づいていないのでしょう。

もし、あなたがこの土地をググったのなら、それはおそらく最初に井戸の写真を見たからでしょう。


ポルトガルの有名なイニシエーション・ウェルとは?

見たことがない人もいるかもしれませんが、井戸は地下のトンネルに降りていく深い螺旋階段です。石の階段は中央が空洞になっており、底には模様のある床があります。

上から見ると、階段の入り口は何の変哲もない岩の山に偽装されています。

キンタ・ダ・レガレイラの公式訪問者用パンフレットには、次のように書かれています。

【地中27メートルに位置する "地下の塔"。巨大な螺旋階段でアクセスできるこの神聖な空間は、難解で錬金術的な連想に満ちており、天と地の関係を強烈に感じさせる。】


イニシエーション・ウェルへの訪問

イニシエーション・ウェルは母屋からかなり離れていて、敷地の端に近いところにある。

以前は下の坑道から入ることができたのですが、あまりに混雑したため、現在は上からしか入れません。

井戸の上には行列ができるスポットがあり、スタッフが動線を管理しているほどの人気ぶりだ。

また、下りは「立ち止まってはいけない」というルールがありますが、もちろんみんな写真を撮るために、ちょっとだけ立ち止まっています。

◎イニシエーション・ウェル見学のベストシーズン

それでもイニシエーション・ウェルは訪れる価値がありますが、立ち止まらないようにと誰かに言われながら、他の100人と一緒に階段に押し込められると、神秘的な雰囲気はかなり薄れます。

井戸の写真をもっときれいに撮りたいなら、開館と同時に敷地内に入り、まっすぐ井戸に向かうとよいでしょう。また、閉館後も最終入場から1時間は敷地内にいることができるので、運試しに行ってみるのもいいかもしれません。


◎イニシエーション・ウェルは誰が作ったのか?

アントニオ・モンテイロは、ルイジ・マニーニの設計により、家と敷地の残りの部分が建設されるのと同時に、イニシエーション・ウェルも建設しました。


◎なぜイニシエーション・ウェルと呼ばれるのか

いろいろ調べてみたが、1997年に自治体が公開を前提に購入した際、地図用のポイントにすべて名前をつけたとしか考えられない。

現在では、見学者用の地図に「The Initiatic Well」と表示され、誰もがこの名前を使うようになった。

この謎の渦巻き井戸は、床にピンクのコンパスが印刷されており、また、そもそもこの井戸に明確な目的がないことから、人々はオカルトを推測するようになりました。


イニシエーション・ウェルは何のために使われたのですか?

このBBCの記事で示唆されています。

https://www.bbc.com/travel/article/20190724-the-knights-templars-mightiest-stronghold


"キンタ・ダ・レガレイラでのテンプル騎士団の入会式は、候補者が目隠しされて入会井戸の一つに入ることから始まった。剣を心臓に近づけ、9段の階段を下る。これはテンプル騎士団の9人の創設者を表す数字である。

井戸の底に着くと、候補者は暗い迷宮に入り、そこで象徴的に、また文字通り光に向かって自分の道を見つけるのである。

井戸の塔を抜けて陽の光の中に戻ることができれば、入門者は水の中の石の上を歩いて礼拝堂にたどり着き、そこで兄弟団に迎え入れられるのである。"

しかし、これはあくまで推測に過ぎない。

テンプル騎士団の噂が本当なのかどうか、ぜひとも知りたいものである。

私の中の懐疑論者は、この話を疑っている。

まず、迷宮から光に戻る道を探さなければならないのなら、この儀式は昼間に行われたことになり、非常に奇妙に思える。

(満月が関係している可能性はあるが)。

次に、トンネルはいくつかありますが、このチャレンジに失敗する人はいないと思います。行くべき場所は限られているのです。

(とはいえ、せっかく採用されたのなら、もっと確実な方法をとらなければならない。アントニオの裏庭のトンネルから出口を見つけられなかった愚か者を拒絶しなければならなかったので、彼らは暴露される危険を冒すことはできない)。

◎最後に、チャペルは池の飛び石からかなり離れているので、それを結びつけようとしているように見えます。なぜ、その間にある他の建造物に触れないのでしょうか?

小さなことですが、ある人が何の根拠もないことを事実として述べ、他の人がそれが真実であると繰り返すと、私は絶対に気が狂いそうになります。

ウィキペディアのキンタ・ダ・レガレイラの記事には、この井戸は「タロットの入門儀式を含む儀式に使われた」とまで書かれている。この主張には何の根拠もなく、引用された資料もない。

ここでさらに、井戸について説明します。

「レガレイラで最も驚くべき場所のひとつが、イニシエーション・ウェルである。螺旋階段は14段ずつの階段で区切られた9段からなり、ダンテの神曲(地獄、極楽、煉獄の9つの輪)と女性の受胎可能期間(通常太陰暦28日の半分から始まる)を連想させる。"

この記事の中で、著者はモンテイロを「当時ポルトガルで最も影響力のあったフリーメイソンの一人」とまで言っている。大胆だなあ...。

別の記事ではモンテイロのことを "有名なフリーメイソン "と言っている。

キンタ・ダ・レガレイラの風変わりなオーナーについては後述するが、まずはこの土地についての基本的なことを説明しよう。


◎キンタ・ダ・レガレイラはどこにあり、何に使われていたのか?

キンタ・ダ・レガレイラは、ポルトガルのシントラという町にあります。

シントラはリスボンから電車で約45分のところにあり、この地域全体がユネスコ世界遺産に登録されています。

キンタ・ダ・レガレイラは、よくシントラの数ある城の1つと説明されますが、実際は個人の邸宅(現在は自治体が所有)で、見た目ほど古いものではありません。

「キンタ」とは「別荘」という意味で、この邸宅は1987年まで個人宅として使用されていました


◎キンタ・ダ・レガレイラ(Quinta da Regaleira)が建設されたのはいつですか?

現在の住宅は、16世紀にポルトガルで流行したゴシック・マヌエル様式で建てられていますが、実際には1904年から1911年にかけて建設されました。

キンタ・ダ・レガレイラという名前は、前の所有者であるダ・レガレイラ男爵夫人の名前に由来しています。

男爵夫人がこの土地を所有していた1840年代半ばから後半にかけては、彼女の夏の避暑地だった。敷地内には邸宅と礼拝堂があったが、現在と同じものはない。

キンタ・ダ・レガレイラは1893年に競売にかけられ、アントニオ・アウグスト・デ・カルヴァーリョモンテイロに売却されましたが、彼はこの地を今日のような魔法の場所に変えることになる首謀者だったのです。モンテイロは、隣接するいくつかの区画を追加して、広大な敷地を作り上げた。

1898年、イタリアの建築家、デザイナーであるルイジ・マニーニの協力を得て、庭園とコーチハウスの建設が始まった。邸宅と庭園は1912年に完成した。


Quinta da Regaleiraのオーナーについて

アントニオ・アウグスト・デ・カルバーリョモンテイロは、1848年、まだポルトガル支配下にあったブラジルで、ポルトガル人の両親のもとに生まれました。


モンテイロはどのようにして富を築いたのだろうか。

大富豪モンテイロは、商人として成功したが、家系的に大金持ちであった。


◎なぜ、精巧な庭園が必要なのか?

モンテイロは昆虫学者(虫を研究する人)であり、非常に熱心な人物であった。

美しい庭園を楽しむのに理由はいらないが、モンテイロは蝶に魅了され、蝶や蛾などの昆虫を数多くコレクションしていた。

そんな彼が、自分や小さな仲間たちのために、素晴らしい屋外の楽園をつくりたいと思ったのも納得がいく。


モンテイロフリーメイソンだったのか?
モンテイロフリーメイソンであったという決定的な証拠はない。
彼はテンプル騎士団や様々な神話に魅了されていたと言われている。キンタ・ダ・レガレイラの敷地内や彼の墓(これもマニーニのデザイン)には、メーソンに関する記述がある。
なぜ彼がフリーメイソンのレッテルを貼られることが多いのか(インターネットが反響を呼ぶ以上の理由)調べてみたが、建築的な言及しか見つからなかった。
私は天才ではないが、確かに秘密結社の一員である人物は、精巧なモニュメントを作ることで自分の正体を明かすことはないだろう?

キンタ・ダ・レガレイラのチャペル

モンテイロは、さまざまな建築様式や神秘的な思想をはっきりと受け入れていました。
彼は家と礼拝堂をゴシック・マヌエル様式で建て、敷地内の他の建造物はよりシンプルな中世様式で、さらに「神々の散歩道」と呼ばれるギリシャローマ神話の像が並ぶ散歩道もある。
個人的には、ちょっとミステリアスな雰囲気が好きだったのだろうと思います。

◎アントニオ・アウグスト・デ・カルバーリョモンテイロ 死去
キンタ・ダ・レガレイラのオーナーになった人は、1920年に70代前半で亡くなりました。1987年まで売りに出されていなかったので、それまでは家族のもとにあったのだろう。
モンテイロリスボンの有名なプラツェレス墓地に埋葬されました。ルイジ・マニーニが設計した彼の精巧な墓の写真はこちらで見ることができます。

アントニオ・カルヴァーリョモンテイロ - Public Domain

◎訪問に最適な時期
シントラ、そしてキンタ・ダ・レガレイラのベストシーズンは、春か秋です。
シントラはポルトガルで最も人気のある観光地の一つであり、夏には非常に混雑します。
朝一番か閉館2時間前に訪れるようにしましょう。キンタ・ダ・レガレイラ(Quinta da Regaleira)の見学には、少なくとも2時間必要です。見るべきものがたくさんあります。
シントラでは少なくとも丸2日は滞在するようにしましょう。3日あれば、より快適でしょう。
日帰りでは、シントラのすべてを見ることはできませんし、リスボンの観光地と比べると、シントラで時間を使ったほうがよいでしょう。
シントラの混雑を避けるためのヒントが書かれた記事はこちらです。

◎オフシーズンの天気
シントラは丘陵地帯にあり、近隣のリスボンに比べてかなり雨が多い場所です。秋に訪れる場合は、傘、防水コート、防水靴を持参してください。

◎キンタ・ダ・レガレイラ(Quinta da Regaleira)へのアクセス
Quinta da Regaleira(キンタ・ダ・レガレイラ)は、シントラで最も簡単に行ける観光スポットの一つです。町の中心部から徒歩で行くことができ、かなり平坦な道です。

ポルトガルの写真で一番好きな一枚。

リスボンから列車でシントラに到着すると、わずか45〜50分の旅です。
これなら、シントラに1日以上滞在しても、リスボンナイトライフを楽しむことができますね。
鉄道駅から坂を下り、曲がりくねった道を歩いて旧市街に行くことができます。旧市街からキンタ・ダ・レガレイラまでは、さらに15~20分ほど歩きます(時間をかけて)。
観光案内所の近くで乗り降り自由のバスに乗ることもできますが、この場合は歩いた方がよいでしょう。
バスの混雑とは別に到着しますし、シントラの歴史的家屋や道端の美しい噴水などを見ながら歩くのはとても楽しいものです。

〔キンタ・ダ・レガレイラへの入場券〕
チケットはQuinta da Regaleira(キンタ・ダ・レガレイラ)に到着してから、またはここからオンラインで購入することができます。
また、旧市街の国立宮殿近くにあるシントラの観光案内所でも購入することができます。

チケット料金
5歳未満: 無料
ユース[6~17歳]:5ユーロ (~$5.80 USD)
大人[18歳以上]:10ユーロ (~$11.60 USD)
シニア[65歳以上]。5ユーロ(~$5.80 USD)
シニアプラス[80+]:無料

Quinta da Regaleira(キンタ・ダ・レガレイラ)のメゾン・レファレンス

[テンプル騎士団と真実のための私の探求についてのアップデート。ドラマチック。私は知っている]
私はキンタ・ダ・レガレイラを2度訪れている。この記事を書き始めたとき、そのことばかり考えていたのだ。
そして、モンテイロフリーメイソンと関係があったとされることについて、確定した情報がないことに、気が動転し始めた。
そして、ようやく出典を含めてよく調査された記事を見つけたので、その情報を共有しようと思ったのである。
〈この調査期間中、多くの仮説が立てられましたが、最終的に得られた結論は、キンタ・ダ・レガレイラは本質的に、建設された歴史的時代から生まれたもので、
当時、国が直面していた深刻な困難とは対照的に、ポルトガルの神話的ビジョンを表しており、命令や儀式とは歴史的に関係がないことを示しています。〉

つまり、キンタ・ダ・レガレイラは、現実からの逃避として建てられたのである。

〈特に、レガレイラを研究する私たちにとって重要な歴史的時期に、ポルトガルでネオ・テンプラーが活動した記録がないことを、はっきりと強調しないわけにはいかない。〉

なるほど......かなり明確ですね。

モンテイロが当時「ポルトガルで最も影響力のあるフリーメイソン」であったという考え方は、ちょっと除外されますね。

そうなのか?フリーメイソンはゼロだったんだから
存在しないものに対して最も影響力を持つというのは簡単なことかもしれませんね。

〈したがって、レガレイラと秘教的あるいはイニシエーション的な方法を関連づけるような科学的に有効な根拠はわからないし、
カルヴァーリョモンテイロフリーメイソンと関係がないことは、少なくともポルトガルでは、特に農場建設当時は絶対に明らかであったのである。〉
エステートが「農場」と訳されたのは面白いけど!?

◎キンタ・ダ・レガレイラのその他の見所
⚫︎守護神のポータル
守護神の門は、石の壁とその上にある2つの螺旋階段の塔です。壁の下にはイニシエーション・ウェルへの入り口がありますが、残念ながら現在は混雑のため一方通行になっています。

初めてシントラを訪れたときは、すべてのトンネルを通り抜け、どの方向にも移動できたのですが、その後、キンタ・ダ・レガレイラとシントラの人気は爆発的に上昇しました。
ともあれ、塔の上に登って散策するのもまた楽しいものです。
⚫︎ピソエス・ロッジア
キンタ・ダ・レガレイラに歩いて行くと、ゲートのあるピソエス・ロッジアを通り過ぎます。
壁の中に入ってしまうと、見逃してしまいがちです。上から道端の壁に沿って、一番奥まで戻ってください。


大胆な表現ですが、ここはポルトガルで最も青と白のタイルの写真が撮れる場所の一つかもしれません。
(ポルトガルにも素晴らしいスポットがいくつかありますが!)

緑に囲まれたゴシック建築のシェルターの中で、タイルはまるで空間を取り戻そうとしているような自然を背景に、ポップな印象を与えています。

⚫︎神々のプロムナード
ピソエス・ロッジアに向かう途中、石垣に沿って進むと、神々のプロムナードを通ります。これはメイン通路の一部で、グレコローマン神話に登場する古典的な神々の像が並んでいます。


⚫︎レダの洞窟とレガレイラの塔

レダの洞窟は、石壁に囲まれた屋根付きの噴水エリアです。

レガレイラ塔はレダの洞窟の上の壁面にあり、母屋と敷地を見渡すことができる素晴らしい場所です。


⚫︎滝の湖
キンタ・ダ・レガレイラで私が一番好きなスポットは、鮮やかな緑の水と飛び石、そして頭上の橋がある「滝の湖」です。池の奥には秘密の洞窟があり、探検するにはもってこいです。


⚫︎チャペル
キンタ・ダ・レガレイラのチャペルは、母屋と同じマヌエル様式で建てられています。小さいので、中を見るのに時間がかからない。入り口から入っていくだけで、それ以上のことはできません。

チャペルは、写真を撮るにはとてもいい小さな教会です。不思議な生い茂った美学のようなものがあります。

⚫︎温室
キンタ・ダ・レガレイラの温室は、他の素晴らしい、有名な見どころの中ではあまり注目されていませんが、美しく、立ち止まるには静かな場所です。

温室の中に入ることはできませんが、裏手に回った細い通路を通ると、植物天国をのぞむガラス張りの壁がずらりと並んでいます。

⚫︎カフェ(キメラズコート)
ヨーロッパで一番好きなカフェを投票するとしたら、キンタ・ダ・レガレイラのカフェに一票を入れるでしょう。

母屋の裏手、道路に面した石垣を背にした一角には、コーヒーや軽食がとれるオープンパティオがあります。
椅子からは、ゴシック様式の邸宅、見渡す限りの壮大な庭園、そして壁の向こうには木々の森を眺めることができます。
本当に絵に描いたような美しさです。どんな味がするのか、全く想像がつきません。

クレープはいかがですか?
ボーナス:バカ高くはなかったです。

⚫︎Quinta da Regaleira Mansion(キンタ・ダ・レガレイラ邸
キンタ・ダ・レガレイラの母屋は、外観は非常に美しく、中はそこそこ面白いです。
部屋は、他の施設と比べると、かなり地味です。
家の中を全部見ることはできないが、かなりの部分が公開されている。Quinta da Regaleiraの屋内では、合計で15〜20分ほど過ごせばよいでしょう。
グランドフィナーレのために保存しておくと、がっかりしてしまうので、(井戸に急がないのであれば)キンタの訪問は、家を見ることから始めるといいと思います。

キンタ・ダ・レガレイラ ファン・ファクト

1987年、モンテイロ一族がこの土地を売却したとき、日本のアオキという会社が購入した。この間、一般に公開されることも、住むこともなかった。
なぜか?
キンタ・ダ・レガレイラの謎がまたひとつ増えた。
このアオキのことなら、ホテルにするつもりだったのだろうか?
10年後、シントラ自治体が買い取り、修復し、1998年に一般公開された。

〔キンタ・ダ・レガレイラ付近の見どころ〕
キンタ・ダ・レガレイラを見学した後は、徒歩でシントラに戻り、何か食べたり飲んだりしてください。
国立宮殿は、シントラの中心部にあり、その面白さに驚かされます。外観は、シントラで最も質素なお城ですが、訪れる価値は十分にあります。


その他、周辺には超大型のアトラクションがあります。

ペーナ宮殿
カプチョス修道院
モンセラーテ宮殿(Palace of Monserrate
どれも時間をかけて見る価値のあるものばかりです。

私はいつも、シントラに滞在し、夜は列車でリスボンに移動することをお勧めしています。シントラでは朝早くから、リスボンでは城が閉まる夕方からディナーを楽しむことができます。

これは一般的なアドバイスとは逆ですが、シントラは1日では見切れませんし、リスボンも営業時間内であれば見るべきものはありません。

2022年2月6日
SLOW TRAVEL BLOG

中東パレスチナ、最大・最古のオリーブの木を我が子のように見守るアブ・アリ

西岸地区南部のベツレヘムにあるパレスチナのアル・ワラジャ村で、最古で最大のオリーブの木が発見された。

ベドウィンの木」は、10年前にパレスチナ農業省から樹木ガイドに任命されたパレスチナ人、サラ・アブ・アリ氏(45歳)のものだ。


イタリアの専門家は樹齢を3,000年と推定し、日本人は5,500年と推定している。

「毎日、パレスチナヨルダン川西岸、その他多くの外国から、この巨木を見に来る観光客が大勢います」と、彼は語った。


アル・ワラジャ市民の家から数十キロ離れた場所にあるこの木は、テルアビブ当局がヨルダン川西岸に建設した、パレスチナ人のイスラエル人に対する攻撃を防ぐためとされるイスラエル西岸バリアに隣接しています。

アブ・アリ氏は、「壁は木からわずか10メートルしか離れておらず、壁建設時の浚渫(しゅんせつ)により、木は破壊されようとしていた」と述べ、浚渫により木の根の一部が切断されたことに疑問の余地はないと指摘した。

「樹齢は5,500年と推定される。「これは、イスラエル占領の何千年も前に、カナン人のアラブ人がパレスチナに出現したことを示すものだ」と、アブ・アリは確認した。

アブ・アリさんの家族は、この木は自分たちのものでしかないと考え、売却することを拒否しています。「土地を売るという考えは受け入れられない」とアブ・アリは言います。

アブ・アリさんは毎日、木の周りの手入れをし、石垣やベンチを作り、自然の庭にしました。また、「自分の魂がつながっているような気がする」とも言っていました。

彼が「オリーブ畑」と呼ぶこの巨木は、高さ12メートル、直径約25メートル、面積250平方メートル、約22本の木が1つのパーツとしてつながっている。

年間約500kgの実をつけるが、近年は干ばつで収穫量が減っている。

パレスチナのオリーブオイル協議会のフェイヤド理事は、「アル・ワラジャの木は世界最古のオリーブの木で、樹齢は5,000年以上と推定される」と述べています。

また、Fayyad氏は、樹齢が長いからこそ、そのオイルは最高のオイルのひとつであると強調する。

また、パレスチナアッバス大統領が2009年の就任時に、バラク・オバマ前米国大統領にこの木のオイルを1本贈ったことを指摘しました。

パレスチナ 公開日時:2018-11-05

https://en.royanews.tv/news/15758/Largest--oldest-olive-tree-found-in-Palestine

写真:2021年10月、パレスチナ自治区にて


こちらは2020年3月6日のもの]

パレスチナでは、世界最古のオリーブの木を24時間体制で守っている

サラー・アブ・アリさんは、古木の下で眠ることが多い。》

by Jason Ruffin

アリは、樹齢の高いオリーブの木の将来を心配している。ジェイソン・ラフィン


サラ・アブ・アリには3人の子供がいる。しかし、ここにもう一人息子がいると、彼はアル・バダウィの木の枝分かれした幹を指差して言うのです。風化して古くなったこの木は、オリーブというよりオークのようで、筋肉質な茎と空洞のような幹を持っています。

アリは戸惑いを感じつつも、その木に近づいていく。枝の下にひざまづき、根元近くに生えている小さな苗木を優しく撫でる。最後の息子が生まれた日に見つけたという。


ベツレヘム郊外のパレスチナ人集落アルワラジャで、アリは毎朝、果樹園の手入れをする。

隣の家の庭に入り、果樹園の細い道を、年齢を感じさせない足取りで歩く。

時折、手を伸ばして侵入した石を素早く投げ捨て、青々とした段々畑を次々に下り、果樹園の端に出る。

アリはこの端っこで、泉から水を汲んだり、土の手入れをしたりして、一日の大半を過ごす。夜はここで眠り、聖地巡礼の旅人をもてなすこともある。

しかし、多くの人はこの木を目当てにやってくる。世界で最も古いという説もあるオリーブの木だ。

アル・バダウィの幹は、年季が入っていてぎざぎざになっている。ジェイソン・ラフィン


アル・バダウィは、地中海東部で数少ない樹齢2,000年以上のオリーブの木の一つである。2010年、イタリアと日本の2つのチームが、アル・バダウィの炭素年代測定に成功した。

その結果、樹齢は3,000年から5,500年と判明した。その最高齢のものは、世界最古のオリーブの木ということになるが、はっきりしたことはわからない。


樹齢を鑑定する学者によっては、イタリアのものが世界最古とされる。ほか、ギリシャクレタ島のものなど。


しかし、村の人々や海外から訪れる人々にとって、この木は宗教的、歴史的、文化的に重要な意味をもっている。

「知っている人は来るんですよ」とアリさんが言うように、この木はかつてスーフィズムの巡礼地であった。

エジプトのスーフィズムの聖者、シェイク・アフマド・アル・バダーウィがこの木の下で多くの時間を過ごしたことから、その名がついたと言われている。

また、オリーブの木は聖書にも繰り返し登場し、その枝は世界共通の平和のシンボルにもなっている。


しかし、アル・ワラジャのオリーブの木は、その住民にとって別のものになっている。

今は抵抗のシンボルになっている。この村はかつての面影はない。1948年のアラブ・イスラエル戦争で激しい戦闘があり、村の住民のほとんどが故郷を追われたのだ。

「1948年、私たちはここに来て、木の下で眠りました」とアリが言うと、眼下の谷でイスラエル軍兵士が訓練中に唱和した。

戦いが終わり、境界線が引かれた後、アル・ワラジャは土地の約70パーセントを失いました。


1967年の6日戦争でヨルダン川西岸を占領したイスラエルは、エルサレム市を拡大し、村の半分を編入した。その後、イスラエルエルサレム市を拡張し、村の約半分を併合した。

アリ家の果樹園の若いオリーブの木が段々畑のように連なっている JASON RUFFIN


最近になって、イスラエル分離壁が再び村を二分し、アル・バダウィの木を孤立させる恐れが出てきた。

しかし、住民たちは裁判に勝利し、鎖でつながれた壁は村の周囲に移動させられました。

現在、壁はアリさん一家の果樹園のすぐ下にあり、狭い谷を挟んで新しい村と旧村を隔てている。


2020年、収穫期に800本のオリーブの木イスラエルからの違法入植者によって伐採されてしまった。


裁判での勝利にもかかわらず、ブルドーザーでオリーブが切り倒され、

何十軒もの家がエルサレム自治体のために建設されている。

アルワラジャは、イスラエル分離壁によって四方を囲まれ、未開の農地やかつて村にあった多くの泉にアクセスすることができなくなり、今も孤立した状態にあります。


アル・バダウィの木のすぐ下を、イスラエル分離壁が通っている。

イスラエル分離壁が、アル・バダウィの木の真下を走っている。ジェイソン・ラフィン


もしアリがこの木から引き離されていたら、どうなっていたか想像もつかない。

彼は今、この木を守ることをライフワークと考えています。息子たちも手伝い、しばしば木の下で寝ているという。

自分も時々、そして父親が以前そうしたように。

パレスチナ自治政府は、ヨルダン川西岸地区の他の地域で、入植者や兵士がオリーブの古木を燃やしたり切り倒したりしているとの報告を受け、アリさんに毎月少額の警備費を支払っているのである。

イスラエルからの違法入植者は、パレスチナ人が大切に育ててきたオリーブの木々を燃やしてしまいます


国連によると、ヨルダン川西岸地区ガザ地区の農地の約45%にオリーブの木があり、約10万世帯に収入を与えているという。

パレスチナ人はオリーブの木に愛着を持っている」とアリは言う。「オリーブの木は私たちの抵抗の一部であり、私たちの宗教の一部でもあります。

オリーブの木があれば私たちは生きていけるし、なければ生きていけないのです」。

2021年10月、西岸地区にてオリーブを収穫したパレスチナの少年の印象的な笑顔


オリーブの木は、他の木々にはない生存能力を持っている。レバントのごつごつした乾燥した土地にしがみつき、わずかな水と手入れを求めるだけである。

そして何世紀にもわたって、この地域の人々は食料と油をオリーブの木に頼ってきた。おそらく8,000年前までさかのぼることができると思われる。

パレスチナの生活に必要不可欠であり、またシンボルでもあるオリーブ


しかし、アル・バダウィのような大きな木は、特別な注意とより多くの水を必要とします。しかし、アル・バダウィのような大きな木は、特別な注意とより多くの水を必要とします。

サラー・アブ・アリ、実家の果樹園の前で。ジェイソン・ラフィン


この5年間は特に大変だった、とアリさんは言う。上にある浅い泉から水を汲むのに使っているホースを点検するために立ち上がりながら。

ある年、この木は不毛で何も実らなかった。昨年は雨季に恵まれ、400キログラムのオリーブを収穫することができました。

「20年前はもっと雨が降って、定期的に600キログラムできたんですよ」と彼は言います。

それでもアリさんは、この木が生き続けることを信じている。「人間よりましだ」と彼は言う。

しかし、太古の昔から争いの絶えない土地であっても、ユダヤ教キリスト教、イスラ教の創始期から、人々は同じように長い間、この木を育ててきたのである。

もし、アル・バダウィの家族が世話をしなければ、その仕事はきっと他の人がすることになるだろう」とアリさんは言う。



Gastro Obscuraは、世界で最も不思議な食べ物や飲み物を取材しています。


https://www.atlasobscura.com/articles/world-oldest-olive-trees


1967年以来、イスラエルは250万本以上のオリーブの木を、根こそぎにしています。


アレーネ・キャンディド氷河期の洞窟から、1万2千年前の死者と別れる儀式が発見される

氷河期時代に墓地として使われていた洞窟「アレーヌ・カンディード」で、1万2千年前に埋められた割栗石が発見された。


旧石器時代、アレーネ・カンディードは一種の初期ネクロポリスであった。

イタリアのリグーリア州にある洞窟で、19の埋葬穴が発見されています。

そのほとんどは、500年以上にわたって埋葬されたもので、初期の人類はこの洞窟を利用して、愛する人を安らかに眠らせたのです。

この洞窟は1940年代から考古学的遺跡として認められているが、これまで埋葬地の割れた小石は見落とされ、無視されてきた。

新しい理論は、これらが単なる石ころではないかもしれないことを示唆している。

先史時代の儀式を垣間見ることができ、かつて私たちが失った人々の記憶をどのように持ち運んでいたかが明らかになるかもしれないのです。


イタリア、リグーリア州、アレーネ・カンディード洞窟。( ディモアストーリーイタリア語 )

アレーネ・カンディード氷河期の墓場


この洞窟自体は、新しい発見とは言い難い。100年以上前から、考古学者たちはこの洞窟に埋められた古代の遺体を研究してきた。

外気の影響を受けず、ほぼ完璧に保存されているため、遺体そのものはもちろん、数千年前に亡くなった人々が身につけていた衣服や宝飾品も見ることができます。


最古の遺体は、23,500年前に埋葬された15歳の少年、通称「若き王子」。

23,500年前に埋葬され、15歳の少年の遺体が発見された。

彼は極端な例である。

この遺跡に埋葬された20体の大半は、氷河期の末期である紀元前1万年前後の500年間に埋葬されたものである。

そして、ヤング・プリンスのように、彼らの骨は今でも信じられないほどよく保存されている。


若き日の王子様(ho visto nina volare/ CC BY SA 2.0 )


1万2,000年前の儀式の証拠

20世代に渡り、初期人類の一族がアレーヌ・カンディードに死者を連れてきていた。

彼らは石器時代の道具を使う狩猟採集民だったが、死者に別れを告げるための複雑な儀式をすでに持っていた。

そのすべてが解明されているわけではありません。

しかし、この洞窟が彼らにとって非常に重要であったことは確かです。

当時は、高さ300フィート(1メートル)の砂丘の横に立つ、巨大で堂々とした姿であったろう。

彼らは、愛する人をアレーヌ・カンディードに埋葬するために、何マイルもの荒野を越えてきたのである。


同じような死に方をした人たちは、一緒に埋葬されていたようです。

例えば、ある埋葬地には、何百年も時を経て死んだが、共通の死因であるくる病だった人々が一緒に埋葬されている。

部族はこの人たちがどのように死んだかを覚えていて、彼らは一般的な、死因別の埋葬計画を設計しました。

しかし、それ以上のことはよく分かっていない。彼らは文字ができる何千年も前に生きており、

彼らが世界をどのように見ていたかは、我々にとって謎である。

だからこそ、割栗石は魅力的なのです。

国際的な考古学者のチームが、信じられないほど遠い過去と私たちを結びつける身近な儀式を初めて発見したのです。


割れた石

アレーヌ・カンディードで見つかった割栗石は、地中海で採取された滑らかで長方形の小石です。その一つひとつは、真ん中をわざと叩いて半分に割ったような跡がある。

また、いずれも埋葬に使われた粘土の一種である赤黄土の跡が付着している。


2009-11年の発掘調査で見つかった長方形の小石のサンプル、1940年代に埋葬Vに関連して見つかった5つの小石と比較 ( Gravel-Miguel et al. 2017より改変 )


この先史時代の部族は、小石を使って死者に絵を描いていた 。

場合によっては、今日の私たちが葬儀のために死者を着飾るように、死者を殺した傷を黄土で覆い隠すこともあった。

また、粘土をペースト状にしたもので体を飾ることもあった。

それが終わると、石を叩き割って、半分は死者に残していくのです。

考古学者が見つけたのはこれです。

9つの長い石が、すべて半分に砕かれていました。そして、どの場合も、石のもう半分は洞窟の外に持ち出されていたのである。


分析中に再装着された小石。( モントリオール大学 )


愛する人が石の残り半分を持ち去ったようです。おそらく、彼らはどこへ行くにもこの石を持ち歩き、亡くなった人と永遠につながる思い出の品としたのだろう。


最古の儀式

この研究の主執筆者であるアリゾナ州立大学のClaudine Gravel-Miguelによれば、これは人類最古の複雑な儀式の例である可能性があるとのことです。

"我々の解釈が正しければ、我々は、儀式の文脈で意図的に物を断片化した最古の証拠を、最大5,000年前に押し戻したことになる。"

古代世界の驚くべき5つの葬送儀礼

十字架にかけられた王と謎の骨。アバ洞窟に隠された遺骨は誰のものか?

古代マヤの生け贄の洞窟を訪れる勇気はあるか?それなら、ベリーズ

彼女や共著者たちは、石を割ることは象徴的な行為であったと考えている。石は埋葬に使われたため、部族は石が故人と深いつながりを持つと考えたのだと彼らは考えている。


共著者のジュリアン・リエル・サルバトーレは、石を壊すことは「石を象徴する力を解放する」方法であり、石を持っていくことは、失った人々とのつながりを保つ方法であったと述べています。

「現代人が友情の証のかけらを共有したり、愛する人の墓にオブジェを置いたりするのと同じように、石は故人とのつながりを意味したかもしれない。それと同じような感情的なつながりなのです」。


Claudine Gravel-Miguel と考古学者 Vitale Stefano Sparacello、2011年のアレーヌ・カンディード内部の発掘現場にて。( モントリオール大学 )

しかし、これらの発掘品は、私たちの遠い過去における深い人間性を明らかにするものであることは間違いない。

歴史が始まる何千年も前、私たちは現代とそれほど変わらない存在だったのだ。

私たちは、愛し、悲しみ、失った人の思い出にしがみつく人間だったのだ。


トップ画像イタリア、リグーリア州のアレーネ・カンディード洞窟で発見された「若き日の王子」の芸術家による復元図。

出典:Public Domainパブリックドメイン

マーク・オリバー著


Ancient origins

https://www.ancient-origins.net/ancient-places-europe/arene-candide-0010682


サルデーニャのサンタ・クリスティーナの聖なる井戸

サンタ・クリスティーナの井戸」は、イタリアのサルデーニャ島にある古代の建築物である。この建造物の名称は、やや誤解を招くものである。

この井戸は、キリスト教の聖人との関連はあるものの、キリスト教の信仰とはほとんど関係がない。

実はこの井戸は、キリスト教が誕生するはるか以前の青銅器時代に作られたものなのだ。

また、サンタ・クリスティーナの井戸は、水を汲むという意味での井戸としてではなく、祭祀場として使用されていた。

このような聖なる井戸はサルデーニャ島の至る所で発見されていますが、サンタ・クリスティーナの井戸はその中でも最も保存状態が良いものの一つです。


サルデーニャ島のヌラーギ文化とその建造物群〉

青銅器時代サルデーニャ島にはヌラーギ文化と呼ばれる古代人が住んでいた。

この文化は、紀元前1800年頃からローマ人によって植民地化された紀元前238年頃まで栄えたと一般に言われている。

ヌラーゲス文化は、文字による記録を残していないこともあり、謎に包まれている。その謎は、この文化がサルデーニャ島周辺に、聖なる井戸を含む多くの記念碑的な石造りの建造物を建設したことでさらに深まっている。

ちなみに、この文化の名前であるヌラーゲは、この青銅器時代の文化の最も特徴的な建造物であるヌラーゲ(複数形:Nuraghi)に由来しています。

ヌラーゲは、サイクロプスと呼ばれる建築様式で建てられた石塔である。多角形の石をざっくりと切り、それを重ねるという建築様式である。

また、ヌラーゲの内部からは泥やモルタルが発見されており、石を固定し、塔を安定させるために使用された可能性がある。

また、等脚式(とうきしき)のヌラーギもあります。このように、ヌラーギは、石材を均一に切断して塔を建設する等脚式で建設されている。

サルデーニャの謎のヌラーギ文明〉

⚫︎サルデーニャ島サントゥ・アンティーネ。王のために建てられた巨石家屋?

⚫︎コッドゥ・ヴェッキウの巨人たちの墓ヌラーゴスの埋葬とサルデーニャの秘密

サルデーニャ島にあるヌラーギの正確な数は不明だが、数千に上ることは確かである。

ある資料によると、島には少なくとも7000の石塔があり、また別の資料では少なくとも8000あるとされている。

このように多くの石塔があるということは、ヌラーギ文化の人々が優れた建築家であり、建設者であったことを示している。

しかし、ヌラーギ文化圏で建設されていたのは、このヌラーギだけではありません。


1857年、サルデーニャ島にあるサンタ・クリスティーナの井戸の図(Aga Khan / CC BY-SA 3.0 )


〈ヌラーギ文化の聖なる井戸〉

ヌラーギほど有名ではないが、聖なる井戸もヌラーギ文化の持つ建築技術を示す優れた例である。

ヌラーギの聖なる井戸は、有名な塔に比べるとその数ははるかに少ない。

現在、約50の井戸が確認されています。その中でも最も象徴的で保存状態が良いのは、サンタ・クリスティーナの井戸です。

このヌラーグの井戸は、イタリアのサルデーニャ島西部にあるパウリラティーノという自治体の近くに位置している。

サンタ・クリスティーナの井戸は、11世紀から13世紀にかけて建てられたサンタ・クリスティーナ教会の近くにあることから、その名が付けられました。

この中世の教会には、後陣の一部と、巡礼者のための小さな宿泊施設として機能している36のムリステネスが残っています。

興味深いことに、これらのムリステンは今でも使われており、5月中旬にはサンタ・クリスティーナに敬意を表してノヴェナを行い、10月末には大天使ラファエルに敬意を表して訪れる巡礼者たちを受け入れているのです。


サンタ・クリスティーナの井戸は、サルデーニャ島のパウリラティーノにあるヌラーギ建築の見事な例である。出典:ムラサル / Adobe Stock


〈サンタ・クリスティーナの井戸について、私たちは何を知っているのでしょうか?〉

サンタ・クリスティーナの井戸は、この田舎の教会よりもずっと古く、紀元前11世紀ごろに作られたものである。

井戸の表面は、2つのテメネ(単数形:テメノス)に囲まれており、最初のテメネは楕円形の囲いである。

この囲いは石でできており、囲いの中の神聖な空間と、囲いの外の不敬な空間との間の障壁の役割を果たしたと思われる。

この楕円形のテメノスは、錠前のような形をした第二のテメノスを取り囲んでいます。

この第二のテメノスの内側が井戸の入り口である。

台形の開口部を持つ入口は、階段で井戸の底に繋がっています。

入り口と階段に使われている石は、テメネとはかなり異なっている。

例えば、接合部の壁の厚さは7メートル(23フィート)である。

しかも、その石の表面は滑らかで、完璧な正方形であることは言うまでもない。

まるで、青銅器時代というより、そう遠くない未来に作られたような感じだ。


ヌラーゲス文化における「水」の意味を読み解く〉

サンタ・クリスティーナの井戸の見どころは、石の細工の美しさだけではありません。

階段の最下部には、水が溜まっている地下室がある。

この地下室は円錐形(トーロス、偽ドーム)にそびえ立っており、井戸の真上で開口部を終えている。

しかし、ヌラーグ族がこの井戸を利用していた頃は、もともと蓋がされていたのではないかと推測されている。

これは、オルーネの近くにあるもう一つの井戸、ス・テンピエスの例から推測される。

この井戸の水は地下から湧き出しており、岩盤に掘られたタンクによって室内に取り込まれている。

このタンクは湧き水とつながっているため、部屋の水位は一年中一定に保たれている。

この井戸は、水の存在から、水の信仰に捧げられたという解釈もある。

また、中世のサンタ・クリスティーナ教会と同様に、古代の井戸は島中のヌラーギスの巡礼者を惹きつけたという説もある。

残念ながら、古代ヌラーギスの人々がこの聖なる井戸で行ったと思われる儀式について、確かなことはあまり分かっていません。

しかし、ヌラーギスの宗教では、豊穣を象徴する表現が重要な役割を果たしており、神のさまざまな女性的側面を呼び起こす水の信仰があったことが、研究者によって明らかにされています。

地下室は円錐形(トーロス)にそびえている。(Carlo Pelagalli / CC BY-SA 3.0 )


春分秋分の日。天文台だったのか?〉

サンタ・クリスティーナの井戸は、ヌラーグ教の水信仰と関連づける説もあるが、かつて一種の天文台として使われていたとの説もある。

この説を最初に唱えたのは、ポーランドクラクフにあるヤギェウォ大学の教授、アーノルド・ルブーフである。

春分の日秋分の日には、太陽が井戸のトーロスの開口部と垂直に並び、その光線がこの開口部から地下の部屋に入り込むと指摘されたのだ。

この現象は現在でも見られるとする資料が多いが、ある資料では「地軸が傾いていて、島からリゲルケント(アルファケンタウリとも呼ばれ、星系に最も近い星)が見えていた時代」にのみ見られたとされている。

さらに、サンタ・クリスティーナの井戸では、月に関連した天文現象が観測できることがわかった。

月の満ち欠け(夏至と同じ意味で月の静止状態とも呼ばれる)には、月が井戸のソロスの開口部と垂直に並び、水面に反射して室内を照らすのだ。

この現象は18.5年に1度起こるとされ、前回は2006年であった。

古代ヌラーギスの建築家たちが、このような天文観測を念頭に置いてサンタ・クリスティーナの井戸を建設したかどうかは定かではない。

そのため、春分秋分の日に太陽と月の位置が一致し、トロスが開くのは単なる偶然ではないかという説がある。

しかし、どちらの説を支持するような証拠や記録はあまりなく、どちらが正しいかは分からない。


200メートルほど離れたところにあるサンタ・クリスティーナ・ヌラーゲは、無傷の丸天井に覆われた一本の塔である。( Angelo Calvino / Adobe Stock )


〈カパンナ・デッレ・リウニオーニとサンタ・クリスティーナ・ヌラーゲ〉

サンタ・クリスティーナの井戸は、この遺跡のハイライトであるが、周辺にある他のヌラーゲの要素も探索する必要がある。

聖なる囲いの外側の地域では、考古学者たちがヌラーゲの集落跡を発見しています。

この集落の遺跡の中で最も謎めいているのは、いわゆるCapanna delle riunioni(「会議小屋」の意)です。

会議小屋は円形の建物で、壁の周りに座席があります。

小屋の直径は10メートルで、小石が敷き詰められ、さらに十数個の部屋がつながっています。これらの部屋は、聖なる井戸を訪れる巡礼者のニーズに応えるための店として使われていたのではないかと推測されている。

あるいは、井戸で儀式を行う司祭の住居であったとも言われています。

サンタ・クリスティーナの井戸とヌラーゲの集落から約200メートル離れたところに、サンタ・クリスティーナ・ヌラーゲと呼ばれるヌラーゲがあります。

これは、高さ6メートル(19.7フィート)、直径13メートル(42.7フィート)の単純な円形の形をした一つの塔です。

塔は、短い廊下を通ってアクセスする主室から構成されています。この部屋は無傷の丸天井で覆われており、3つの副室が付属しています。サンタ・クリスティーナ・ヌラーゲは、かつて大きな村に囲まれており、現在でもその跡を見ることができます。

この村には、当初ヌラーゲ文化が住んでいました。その後、他の文化圏の人々がこの村の元の住人に取って代わりました。


サルデーニャ島にはヌラーギ文化の聖なる井戸が50ほどある。そのうちのひとつ、オルネ近郊のス・テンピエスは、奉納用の井戸として機能していたと考えられている。( Wolfgang Cibura / Adobe Stock )


〈ヌラーゲス文化の他の聖なる井戸はどうなのか?〉

サンタ・クリスティーナの井戸はヌラーギスの聖なる井戸の最も優れた例であるが、それだけではない。

前述のように、サルデーニャ島周辺には約50の井戸が確認されています。

その中には、ス・テンピエス、サ・テスタ、プレディオ・カノポリの3つの井戸が含まれています。

この3つの井戸のうち最初のものは、サルデーニャ島東部のオルネ近郊にある。

この井戸は岩壁を背にしており、"高台に建てられた屋根付きの聖なる井戸構造の唯一のオリジナルな証拠 "とされています。

この神殿は高さ7メートルで、前庭、階段、泉の水脈を保護するための部屋から構成されている。

井戸の屋根は最も印象的で、「二重の彫刻が施された軒を持つ二重の傾斜した屋根」を構成し、三角形のティンパナムが頂点に達している。

かつては、屋根の上にアクロテリオンがあり、20本の奉納された青銅製の剣を支えていた。

これらの武器には装飾が施され、わざわざ穴が開けられている。

このほかにも、彫像、短剣、指輪、ペンダントなどの青銅製の奉納品が見つかっている。これらの遺物は、ス・テンピエスが井戸として機能していたことを裏付けている。


https://youtu.be/FQpeO1l7mXk


他の2つの井戸、サ・テスタとプレディオ・カノポリは、よりサンタ・クリスティーナの井戸に近いものである。前者はオルビアの近く、後者はペルフガスの近くにあり、それぞれ島の北東部と北部に位置している。

サ・テスタは2つの丘の間にあり、奉納品も発見されている。プレディオ・カノポリは、サンタ・クリスティーナの井戸と同様に、滑らかで完璧な正方形の石の塊が特徴的である。

プレディオ・カノポリの聖なる井戸のもうひとつの特筆すべき点は、それがメガロン様式の神殿に隣接していることである。

古代ギリシャでは、メガロンは宮殿群の大広間のことで、この建築様式はギリシャフェニキアからの渡来人によってヌラーゲ文化に伝えられたと推測されている。

ちなみに、この2つの聖なる井戸とス・テンピエスで天文現象が発生したという話はない。


最後に、サルデーニャ島に数多く存在する聖なる井戸は、ヌラーゲスの人々の生活において水が重要な役割を担っていたことの表れであると言えるかもしれない。

サルデーニャの乾燥した地形を考えれば、水の重要性はより明確になる。

このように、ヌラーゲス文化にとって水は神と結びついていたのである。

ヌラーゲス文化は最終的に消滅したが、彼らの水信仰はその後も存続し、サルデーニャ島を占領した人々にも採用されたようである。

このことは、古代の聖なる井戸のいくつかでローマ時代の奉納品が発見されていることからも明らかである。

この水信仰が消滅した後も、おそらくはキリスト教の到来とともに、石造りの建造物は今日まで残り、ヌラーゲスの人々が優れた建築家、建設家、そしておそらくは天文学者であったことを思い起こさせるものとなっているのである。


トップ画像。サンタ・クリスティーナの井戸は11世紀ごろにヌラーギック文化によって建てられた。( Andrea Raffin / Adobe Stock)

明仁(Wu Mingren)著


https://www.ancient-origins.net/ancient-places-europe/well-santa-cristina-0014779


参考

http://www.japanitalytravel.com/back/sardegna_midokoro/2019_01/01.html

アメリカで発見された古代の蛇、タタールの伝説の龍ジラントにちなんでジラントフィスと命名

photo: http://bigbosses.ru

2017年のカザンの記事です

http://www.temakazan.ru/news/science/item/37294/

アメリカの古生物学者が、アメリカのテネシー州で発見された古代の蛇を、

タタールの民間伝承の登場人物である翼のある蛇ジラントにちなんで、

ジラントフィスと命名したということです!

伝説によると、ジラントは現在のカザン市域にあるジラントヴァという山に住んでいて、その後、同じく現在の市域にあるカバン湖の水辺に移り住んだとされています。

蛇のような体、爪のある脚、そして翼を持っている。カザンをはじめ、タタールスタンのいくつかの都市の紋章や、カシラの紋章にシンボルとして描かれている。

この爬虫類の化石を発見したのは、アメリカの科学者、すなわちペンシルバニア大学の博士課程に在籍するスティーブン・ジャシンスキーとその同僚のデビッド・モスカートである。

彼らは、現代や古代のヘビの既知の種とは異なるいくつかの脊椎骨をはっきりと確認した。椎骨の側面には、筋肉をつけるための広い翼のような突起がある。そこで、研究者たちが考えたのが、「ザイランサス」だった。


〈概要〉

ジラントフィスは30〜40cmの小型のヘビである。記録によると、約500万年前に生息していたとされています。落ち葉の中に巣穴を作り、小魚や昆虫を餌にしていた。


参考

テネシー州の500万年前の陥没穴の灰色の化石サイトと呼ばれる場所で、科学者たちは、他の何百ものヘビの骨の中で古代の「翼のある蛇」の化石化した遺跡を発掘しました。

https://ja.wordssidekick.com/21984-winged-serpent-fossil-found-in-5-million-year-old-sinkhole

この新種は、この研究の著者2人の恩師である古生物学者ブレイン・シューベルトにちなんで、シューベルト・ジランドフィスと名づけられた。



【ジラントとは】

https://www.monstropedia.org/index.php?title=Zilant

ロシア語Зилантの英語転写で、タタール語の (キリル文字: елан)の訳語である。

一方、タタール人はこの生物をペルシャ語のAjdaha(龍)またはAjdaha-yılan(龍蛇)と呼ぶことが多い。

また、ジラントの起源は白蛇ではなく、より古い時代のジラントに似たイメージの隼(Börket)であるとの推測もある。


〈同種?〉

ジラントは、中世のコカトリスのように蛇の王である「アク・イラン(白蛇)」(Aq Yilan)と混同されることが多い。

〈解説〉

初期のロシアのイメージでは、ジラントは1つの頭、4本の鶏の足、鳥の胴体、蛇の尾で表現されています。

現代のカザン市民のジラントに対する認識は、西洋文化の影響を強く受けており、多くの現代市民は、ジラントを映画で描かれるような、より古典的な西洋のワイバーンやドラゴンであると想像しているようです。


〈行動〉

イーランまたはサーマラは叙事詩の英雄であるバチラーに助言を与え、しばしば贈り物をすることで彼らを助けた。

人間への有益な影響に関しては、白蛇は中国の龍に似ている。イデル・ウラルの信仰によると、100年生存した蛇はアジュダハの龍に変わる。

カザン・ロシア人にとって、ジラントは蛇というよりスラブ竜として表現され、否定的な意味合いを持つものであった。


〈由来〉

大衆史家のレフ・グミリョフは『古代トルコ人』の中で、現代タタールの祖先の一人であるキプチャク人がアルタイ山脈の柘榴谷から来たと指摘した。

彼の考えでは、近くの柘榴山と柘榴の集落は白蛇のジラントから名づけられたという。

16世紀以降、ロシア人はタタール人からこの伝説を譲り受けた。

オランダ人のカーラス・アラード(Carlus Allard)は、タタール人の『ケサル』がかつて二つの旗を持っていて、その一つにジラントが描かれていたことを指摘しました(おそらくカザンの旗であろうと思われます)。

この蛇は、ボルガル、スアラ、ビラール、その他のヴォルガ・ブルガリアの都市でも知られていました。

ほとんどの場合、これらの蛇は慈悲深いものでした。


しかし、カザン、アラブガ、キュカトーの境界の要塞では、空飛ぶ怪物の伝説が盛んになりました。

シシマ川沿いのある要塞はイランタウと呼ばれ、後にイェラントヴォと改名された。多くの学者は、ジラントは他の空飛ぶ蛇と同様に、近隣の異教徒の邪悪な支配者を象徴していると考えている。

伝説上の蛇の焼き討ちは、イスラム教が異教徒に勝利したことを象徴しているのかもしれません。

しかし、ブルガリア人が隣国を驚かせるためにわざとこのような伝説を国境地帯に流したという説もあります。


〈ストーリー〉

ある美しい乙女が旧カザンの住人に嫁いだ。

彼女はカザンス川から水を汲まなければならず、都の立地が悪いことを地元のハーンに訴えた。彼女は、都をジランタウの丘の近くに移すことを進言し、ハンはそれを受け入れた。しかし、その丘には「丸太のように頑丈な」蛇がたくさんはびこっていた。

そのリーダーは双頭の巨大な蛇、すなわちジラントであった。片方の頭は草しか食べず、もう片方の頭は処女や若者を飲み込んでいた。

魔法使いがカーンに助言して、丘の近くに藁と薪を積んだ小屋を建てました。

春になると、蛇が冬の巣穴から出てきて、積み上げた藁の中にもぐりこみました。

騎士が出動して藁の山に火を放ち、蛇を焼き払った。

彼らは死んでもなお、「その悪臭で人や馬を殺す」というほどの凶暴性を持っていた。

しかし、巨大な双頭の蛇竜は樺太の湖に逃げ込んだ。話によると、彼は今でも湖の水中に住み、時折、市民に復讐しているという。

また、大蛇は精霊のディウに姿を変え、湖の水中に王国を築いたという話もある。

また、ジラントは湖に逃げず、騎士に復讐しようとしたとも言われている。


その時、騎士はカザンから約50çaqrim [9] の距離を走っていた。戦いの結果、ジラントは主人公を6つに切り分けた。

しかし、騎士は毒矛でドラゴンを刺すことができ、ジラントは死んだ。

また、ジラントがジラントウに戻ったという伝説もある。

丘の近くにある大きな洞窟にジラントが再び身を寄せたという。

竜は時折、パニックに陥った街の上空を飛び、黒い湖の水を飲んでいた。

初めは町の人たちが貢いでいましたが、後に魔法使いの助けで殺すことができました。

ある伝説によると、ブルガールがビレルの町を築いた時、大きな蛇を発見した。

しかし、蛇は平和を願い、アッラーに翼を与えてくれるよう懇願した。

翼を得た蛇は、ビラールから飛び去ったという。

また、アラブガの異教徒の塔の寺院にも大蛇が住んでいたと言われている。

ブルガリア人は10世紀には早くもイスラム教を取り入れたが、蛇はタメルランが侵略する時まで生き残り、その後姿を消した。



10世紀にヴォルガ・ブルガリアを訪れたイブン・ファドランは、特に樹木の中に多数の蛇がいることに言及している。

イブン・ファドランは、100エルを超える大きな倒木について書いている。

彼はその木の幹に、木そのものとほとんど同じ大きさの大きな蛇を見た。

ブルガリア人は、その蛇が危険なものではないと断言し、彼の恐怖心を和らげたという。